うつ病を治療して克服しよう【接し方にも注意が必要】

普段と変わらず接したい

病院

病気に罹った時の対処法

配偶者や兄弟姉妹などの家族がうつ病に罹ると、家族は戸惑いを感じてしまいますが、普段と同じように接することが大事です。気を遣いすぎたり、腫れものに触わるような態度を取ってしまったりすると、患者はプレッシャーを感じてしまいます。うつ病に罹ると通勤や通学が出来なくなったり、家事や近所付き合い、外出などがスムーズに行かなくなることが多いですが、病気が回復してくると少しずつできるようになってくるので、イライラした態度を見せたり、叱ったりするのは避けたほうが良いでしょう。うつ病に罹る人は真面目で責任感が強い人が多いので、今までできていたことが出来なくなると、自責の念を持っている人がほとんどです。家事や近所付き合いがスムーズにできない時は、手伝ってあげるようにしたり、話を聞いて欲しがっている時はきちんと向き合って悩みを聞いてあげたりすることが大事です。明るく前向きだった性格の人が、家の閉じこもるようになったり、趣味や娯楽に関心を示さなくなったりすると戸惑いますが、医師に正しい接し方を学んでおくと良いでしょう。適切な接し方をすることで、患者の負担を減らすことが出来ます。うつ病は脳の病気なので気分の落ち込みが長く続いたり、マイナス思考に陥ったりしがちです。気力や意欲が減退してぼんやりしていると、怠けていると感じて叱りたくなる人も多いです。本人は怠けているわけではないので、本人の辛い気持ちを理解してあげることが大事です。外出をしたり、レジャーに行くのが億劫になっている時は、無理に誘ったりはせずに十分な休息や睡眠を取らせるようにしましょう。うつ病は結婚や出産の経験や、転職や転勤、大切な人との死別などで大きなストレスが罹ると、発症する可能性があります。うつ病は良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気なので少し症状が回復してきても、注意深く見守ってあげることが大事です。精神神経科のクリニックや病院で、抗うつ剤や抗不安薬などを服用してくると、辛い症状が改善してきますが、通院を始めたばかりの頃は薬の量を間違えることも多いので、家族が管理をしてあげたほうが良いでしょう。少し回復してくると外出をしたがるようになるので、一緒に付き添ってあげて下さい。正しい接し方を身に付けておくと、病気の回復を早めることが可能です。うつ病患者への接し方を学びたい人は、医師に相談をしてみると良いでしょう。

Copyright© 2018 うつ病を治療して克服しよう【接し方にも注意が必要】 All Rights Reserved.