うつ病を治療して克服しよう【接し方にも注意が必要】

家族の支えが大切

男性

どう接すれば良いか

在宅で親の介護をされるご家庭も増えていますが、その際に気を付けておきたいのが老人性のうつ病です。数が多いとされていながら、案外気付き難い疾患であり、治療が遅れて重症化するケースもあります。老人性のうつ病を発症すれば自己中心的になるため、家族の方は病気がもたらす症状であることを強く理解して、真っ向から衝突することを避けるのが最低限のルールです。また、うつ病であることを意識し過ぎるなど、おっかなびっくり接するのも、相手に孤立感を与えるので控えましょう。精神科で治療を受ける場合、本人では病状を上手く説明できませんから、家族の人が診察室まで付き添っていくのがマナーです。特に服薬治療がスタートした際は、精神科で処方された薬をキチンと飲んでいるか、確認するようにしてください。ご自宅での服薬管理は家族にしかできない大切な接し方のため、精神科医や薬剤師の話をしっかり聞いておきましょう。そして、老人性のうつ病は十分に休養を取ることも欠かせませんので、連日色々な場所へ長時間連れ回すのは正しい接し方とは呼べません。働き盛りの人がうつ病になるケースは非常に多いため、ご家族にその兆候が見られた時は、休養をすすめるのも正しい接し方です。ただし、メランコリー型のうつ病は責任感の強い人が罹る病気ですから、仕事を休むことを良しとせず、一蹴されるかもしれません。ですが、健康が一番ですから、心配していることを告げ、無理をしないように頼んでみると良いでしょう。また、うつ病になった場合は口数も減りますが、だからといって色々語り掛けたり、質問などをしたりするのは逆効果です。うつ状態の時は心に余裕がないため、あまり構い過ぎると、うとましく感じることが多々あります。外敵と認識されれば今後のコミュニケーションが取りづらくなりますから、そっとしておく接し方の方が、メリットを得られる場合も少なくありません。そして、本人が精神科の受診を決めた時は、一緒に治療先を探してあげましょう。うつ病の時は判断力も著しく鈍ってしまい、決断すること自体が大きなストレスになります。同様に家庭内の用事はできるだけさせないような接し方に切り替えますと、それだけ判断する機会が減り、うつ病の悪化を抑えられるのが利点です。

Copyright© 2018 うつ病を治療して克服しよう【接し方にも注意が必要】 All Rights Reserved.